カーオーディオ・車関連

アルパインが意欲的製品発売「フローティングBIG DA」1DINサイズのディスプレーオーディオユニット

投稿日:

お!いつの間にかこんな製品が!

なんとアルパインから1DINサイズのフローティング方式の大画面オーディオユニットが発売されていました。

フローティングBIG DAといいます。

 

現在はアルパインストアのみの販売のようですが、意外と革新的な製品じゃないでしょうか。

前提条件としてこの製品を使うにはiPhoneかAndroidを持っておりUSB接続となりますが、スマホのナビで充分だと思ってる方には便利じゃないですかね。

ちなみに今年になりヤフーカーナビにも対応したそうなのでより使い勝手は向上しているようです。

しかもフローティング方式なのでパネルの大きさに依存しなくていいし、9型の大画面が前にせり出してるので、かなり大きく見やすいでしょう。

もちろん画面へのタッチで操作できてBluetoothを使っての通話も可能、Flacファイルの再生も対応しており、バックカメラへの連携も出来ます。

あとはスマホを外してUSBメモリーを挿せば音楽や動画再生も可能みたいですね。残念なのはテレビは非対応な所です。あとDVDも見れません。

かなりニッチな製品だとは思いますがお値段はわりと手頃ですし、1DINダッシュ式やフローティング式は中華製品などではありますけど、しっかりした国産メーカー品は嬉しいです。

それに1DINなのでもう一つユニットが入りますから、個人的には色々と妄想が膨らみますね。

普通に小物入れを付けてそこへスマホを置くのも良いでしょう。

個人的に一番惹かれた部分として、この製品はちゃんとしたプリアウトが付いてますので、フロント・リア・サブウーファーが個別に出力出来て、それなりに音質調整も可能のようです。現在売られている1DINユニットにはかろうじてサブ出力は付いててもフロント・リアが無いものがほとんどなのです。もちろん内蔵アンプを使ったフロント・リアのスピーカー出力もありますよ。

例えばですが、その余った1DINにラインドライバーを付けたらかなり本格的なシステムにも発展可能です。この図のアンプとの間に挟む機器になります。

おすすめはAudiocontrol社のThree.2という製品です。アメリカの老舗カーオディオメーカーでこの手の製品には定評があります。1DINでもなく、ハーフDINなんですけどね。

この製品はいわゆるホームでのプリアンプの役目でして、ノイズを抑えながらも音楽信号を増幅させてアンプへ渡せるので、簡単に言うと音楽が元気になり楽しくなります。

そしてDSP、いわゆるデジタル的な音調整は劣化を伴いますが、この製品はアナログ式なのでツマミ式イコライザーでの調整も音質が劣化しにくいのです。

2つの機器まで切り替えで使えて音量・フェーダー・サブLEVEL ・イコライジングが出来ます。一番右がAUXでスマホをダイレクトに接続も可能です。

きめ細やかなアナログ調整がしたい方にはかなり楽しいユニットですし、アンプへの負担も抑えてくれますので個人的には外付けDSPよりおすすめです。

この製品を今まで実際に使っていましたので、その楽しさは体験済みです。

 

まぁちょっと脱線してしまいましたが、1DINで音楽再生を重視しつつシンプルな作りなので、DIY好きな方にも扱いやすいユニットじゃないでしょうか。

この製品のライバルはスマホ連携型の2DINのオーディオユニットになりますが、代表的なのはカロッツエリアのこの製品でしょうね。

 

ケンウッドからも出てるんですがもう生産中止で、現在は僅かな在庫とヤフオクでしか手に入りません。詳細は過去記事にてご紹介しています。

個人的にはこの製品が一番のおすすめでしたが、このフローティングビッグDAはそれに変わる製品だと思います。

 

目を引くデザインとフローティング構造による視認性の良さ、軽自動車など大きな画面が付けられないクルマにはピッタリですし、公式ページに主な車種の取り付けマニュアルもあります。

曲は全てスマホに収納しており、ナビも簡易で充分な方にはとても合理的な製品です。Apple Carplayのシンプルな操作は誰でもわかりやすいですしね。

マツダコネクトや一部外国車などがCarplayに対応してきていますが、今乗ってるクルマで体験してみたかったらいい選択肢の一つになるんじゃないでしょうかね。

 

現在はアルパインストア限定で、アルパインとしてもお試しで売ってるような雰囲気・・・?

また期間限定になるかもしれませんね。しかも専売品なのでここの販売が止まるとあとはヤフオクにしか出回らないでしょう。こういった製品はぜひ各社出してほしい所ですが。

気になった方はすぐにアルパインストアで押さえておくべきだと思います。

 

アマゾンのアルパインストア。こちらにもしかたらここに今後ラインナップされるかもしれませんね。

 

余談ですが以前僕のクルマでは、アンドロイドタブレットに格安SIMを入れて使ってました。それを1DINのタブレットホルダー付きユニットへタブレットを固定させて、もう一つ1DINスペースにCDデッキをつないでおりました。これもこれでナビもできて動画も見れるので楽しかったのですけど、今はシステム変更もあり外しています。やはりホルダーは固定が甘くてグラグラガタガタとしだしますしSIMもすぐに容量制限となりますし。

なにより配線も煩雑で、スマホと別回線を契約するのはお金もかかりますからね。

そういった意味でもこのフローティングDAはスッキリと無駄がなくていいなと思います。

-カーオーディオ・車関連

執筆者:


  1. アバター どねむいんでしょー より:

    こんちは!
    面白そうな商品が出ましたね!
    興奮して職場から書き込んじゃいました!真空管付きのヘッドユニットを待っていますが出なそうですね。笑
    久しぶりにカオデが盛り上がるかもしれない予感!

    • アバター おてんぷ より:

      ね―、良いでしょコレ(笑)
      マツダが純正で使ったことで
      かなりCarPlayも認知度上がってるから
      自分のクルマにもという人には今後増えそうな気がしますし。
      多分音もアルパインだから悪くはないだろうしと思いまして。
      できれば普通に市販してほしいですけどね。

      真空管入ヘッド・・・すごい興味はあるけど発熱もすごそうw

  2. アバター 青フォレ より:

    個人的に、ALPINEはエンターテイメント向けに作っているはずなので2DIN でBlu-ray再生が出来る物が必要なんだけれどね。
    また、最近のマツダ車やカローラなどは入れられ無くなっているので本体はシートの下側に置き、コントローラを手元に置くタイプが必要ですがね。
    (アルファードもディスプレイオーディオになるみたいだよ)

    • アバター おてんぷ より:

      コメントありがとうございます。確かにアルパインは後部座席用モニターも充実していますし、ブルーレイあってもおかしくないですね。チェック不足ですみません、トヨタもやはり流れ的にディスプレイオーディオ化していくんですね。ボク個人はいいと思いますが、トヨタの公式動画のコメントを読む限り今までのがいいと思ってる人もまだまだいますし選択肢は必要そうですね。今ちょうど過渡期ですから早く5G時代が来て当たり前に音楽や動画サービスが見れるようになればこういった問題もなくなっていくでしょうね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

audiocontrol lc-6.1200が気になる!

どんどんカーオーディオのディープな方向へハマっていっています。 2ヶ月前ほどに発売になったばかりの製品で、まだ日本では正式に入ってません。 売るとしたらイースコーポレーションさんだとは思うけど。 あの …

サウンドナビはもう古い。ケンウッドの最新メインユニットDPV-7000

記事最後に現在のDPV-7000の入手状況を不定期更新しています。 2019年11月21日更新 追記しました。もしかしたら後継機になりうる・・・? 2019年 5月31日追記 記事後半にて、後継機につ …

I-K700 SRT1633 Sony Z4タブレット システムアップと今後の展望

システムアップといっても、今の流行とは少し流れが違う方向性です。 まず何が流行りかといえば、今は外付けDSPをかましての運転席へタイムアライメント、フロント3WAY+サブで完璧なクロスオーバー調整によ …

AT-HRD1 オーディオテクニカ新製品 USBデジタルトランスポート

2017年に入り、ついにこの手の新製品が出ました。 オーディオテクニカのUSBデジタルトランスポートAT-HRD1 今春発売で公式もまだお知らせのみです。 https://www.audio-tech …

おすすめナビ2017

カーオーディオ2017 おすすめナビ・ユニットランキング

11.06ちょっとだけ更新。 ここでは独断と偏見、受け売り(笑)などを混じえて、今買うべきカーオーディオはこのユニット!を紹介したいと思います。 ユニットとなぜ言うのかというと、2017年は様々な方法 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。