dtiシム一覧

とうとう車でYoutubeが見放題に!格安MVNO DTIsimの限定新サービス!

なにやら難しいキーワードが色々と。タイトルでそう思われてるかたも多いかも。 順を追って説明すると、今までは車での長時間移動なんかで子供たちの暇つぶしにDVDを流してたりしましたが、それにも一枚ずつ購入するのもお金かかるしレンタルも借り物だからいざ機械にはさまって傷でもつけたら弁償も考えなきゃと、限界があります。 かといって、タブレットがあればテザリングなんかでなんとか動画とか見れますけど、パケット通信量が気になってあっという間に上限に達したり。 家では問題ないですが、動画サービスってこんな時に気兼ねなく見れないと意味ないと思いませんか? 我が家は小学校の娘がいますが車の移動が基本的に嫌いで、理由はヒマだから。で、グズグズ行ってしょうがない時に以前はパケットを気にしながらYouTubeなどを見せていたのです。 もうすぐ来る夏休み、長期旅行も計画しており娘のグズりを解消するのにいい方法はないかと色々模索していたんですが、そんな中ある画期的なサービスが始まったことを知りました。 DTI見放題SIM 今格安スマホサービスが流行ってますよね。いわゆるMVNOという、三大携帯キャリアのドコモ・ソフトバンク・au以外の提供しているサービスで、今や何十社と参入してきています。とは言え専用の電線を引いているわけではなく、基本先に上げた三大キャリアの回線を間借りして運営してるのです。 なので回線品質は正直言って少し落ちるんですけど、そこまで必要ないのに利用料金が毎月高い!と思ってる方が多いと思います、 で、そこを割り切れる、頭のいい方はどんどんそのMVNOサービスのキャリアを選んでいるというわけです。うまくいけば今使ってるスマホをそのまま使い、会社を切り替えるなんて方も多くいます。それが出来れば月3,000円とかで済んだりします。 有名なユーチューバーさんたちもレビューしています。 ただ店舗を構えたショップは少なく、ほとんどがネットと電話だけで済ます契約で、そこに不安も感じる方も多いでしょう。 ですが、今回紹介するDTIは、実は20年近く運営を続けているプロバイダーの会社が提供しているんです。僕ももうこのプロバイダーを契約して20年近く利用しています。DTIはドリーム・トレイン・インターネットといい、三菱電機グループが経営しているプロバイダーなのでNECが経営するビッグローブやソニーのソネットと肩を並べる位の会社です。なので回線品質で困った事はないです。カスタマーセンターの対応も大企業らしく非常に丁寧でした。 そんなDTIが今までも格安SIMのサービスをしていて、実は僕はそのデータのみを使える(電話通話はできないプラン)に申し込み、使い放題で2,200円のサービスに加入しております。 そして提供されるSIMカードをソニーのタブレットへ挿して、定額使いたい放題で楽しんでいます。ですがこのサービスは使いたい放題と言っても一日の回線パケット量は決っていて上限を越えたら速度制限が起きます。まだそこまで見たことはないですが、たぶんネットが何とか出来るぐらいに落ちます。次の日にはすぐ解除されますけどね。 それに比べて紹介のプランは、Youtube,Twitterに限ってですが、どれだけ見ても制限がかからないサービスになります。普通のネット利用は7GBまで使えます。ほとんど回線量を食うのはYouTubeなどの動画サイトでしょうから、そこをカウントされないのであれば、7GBは十分な量といえますね。 残念ながら僕は今のプランからこのサービスに変更は出来ないようで、新規契約のみの受付になるそうなんで是非これから格安なデータ定額プランをお考えなら候補の一ついかがでしょうか。 で、通信サービスはいいとして、車内でタブレットで動画見放題サービスはクリアとしても、タブレットじゃぁ見れるのは基本一人になっちゃいますよね。 後部座席に乗ってる家族と助手席全員に見られるようには出来ない?という要望には、上のサービスのWifiルーター付きのプランを選べば可能です。 これはちょっと色々と機材が必要なので、かなり限定的になります。 現在、これを可能にさせるには後部座席に付けるフリップダウンモニターがまず必要になりますが、ネットの回線を映す方法がまだ殆どありません。ナビと繋いでも大体のものはテレビとDVDのミラーリング(前後で同じものを映す)でしょう。 ナビだけならHDMI接続でスマホやタブレットの画面を映すやり方もありますね。ただこちらはケーブルとスマホ・タブレットの相性やHDMI変換ケーブルの品質でかなりバラつくみたいです。きれいに映ればラッキー!程度に思った方がいいですね。 HDMI入力があって、その入力をフリップダウンモニターにも映すという機能を持ったナビは2017年6月現在で知りうる限りではアルパインのビッグXだけだと思います。 いわゆるダブルゾーンという、前後で別のメディアを再生するという機能ですが、三菱、パイオニアのナビにもあるにはあるけど、せいぜい前がナビ、後ろがTV、DVDというものでパイオニアは最新でも確かTVが前、後ろがDVDは出来た気がします(逆も可)HDMIの入力は後ろにまでは出来ません。 アルパインはダブルゾーン搭載の最新モデルのみ可能で、しかも対応した専用フリップダウンモニターも必要です。これを組み込んだ上で、HDMI出力のある機器を繋げば可能です。 それに一番向いているのが、プリンストンから出ているデジ像です。 プリンストン デジ像 ハイレゾ対応ネットワークメディアプレーヤー PAV-MP2YTHR posted with カエレバ プリンストン 2016-03-25 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング これならUSBに繋いだメモリやストレージに貯めた音楽や映像を見放題なのは当然として、家で使った場合はYoutubeも見れる機能がついています。有線LANのみの接続で見れると思ってたんですが、USBに差し込むWifi子機でも通信が可能だそうです。 と、なるとYoutubeの見放題プランのWifiルーターををつなげれば、それにつないだスマホやタブレットはもちろん、Wifi接続したデジ像を使ってリモコンでYoutubeもバックモニターでも見られることになります。 上記プランのルーターでもいいですが、例えばこんな方法もあります。 ピクセラ LTE対応USBドングル ホワイト PIX-MT100 posted with カエレバ ピクセラ 2016-06-17 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング SIMだけのプランを申し込み、届いたSIMを差し込んでルーターになるUSB給電タイプなら、シガレットに差し込むタイプのUSB給電でいつまでも使えますね。これを買えば前者のSIMのみのプランで大丈夫ですね。 そして究極に動画を楽しむ方法として、これはYouTubeだけというのは難しいのですが、アマゾンから出ている2017年4月に出たばかりの最新版の「Fire TV Stick」を車内に持ち込む方法です。 Fire TV Stick (New モデル) posted with カエレバ Amazon 2017-04-06 Amazon これは実際我が家も買って家庭で楽しんでいるので、ミニバンのナビをアルパインに変えれば、今タブレットに入れているSimを一つ上のUSBドングルに挿して実行してみたいです。 フロント画面にも、リアモニターにも音声検索で見たい映画やTV番組を探して見れるという、なんならHuluも、NetflixもDAZNも、AbemaTVも、もちろんYoutubeやアマゾンプライムの映画、音楽まで。リモコンを使ってゲームもできちゃう、まさに今考えうる最高の環境になるんじゃないでしょうか。 アルパイン(ALPINE) ノア専用 カーナビ 7型ワイド 7WV-NO posted with カエレバ ALPINE(アルパイン) 2016-07-30 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング アルパイン(ALPINE) リアビジョン プラズマクラスター技術搭載 12.8型LED WXGA HDMI入力付き PXH12X-R-B posted with カエレバ ALPINE(アルパイン) 2016-06-20 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング あとは回線の品質ですね。移動中どうしても場所によって動画が止まるような地点もあるでしょうから。今の所通勤ルートでもMVを流したりしてますが、そこまで止まったこともないように思います。ただYoutube見放題プランの方が専用の回線を通っており品質は高い(360p動画が推奨のようですが)ので止まりにくいかもしれません。 田舎道のどうしようもないような所では、デジ像に入れ込んだ動画、音楽を楽しみ、町中では映画や番組を楽しむと、今回紹介した製品をうまく組み合わせれば、車内エンターテイメントシステムはすぐそこに!まだ組むのはこれからになるので、自己責任のもとお試しください。

DTI格安SIMとカーオーディオで車内快適空間

MVNOがどんどん価格競争の激化もあって、庶民にはどんどん使い易くなってきました。 現在私もDTI(三菱ドリームトレインインターネット)の老舗プロバイダーが出している格安SIMサービスの提供する使い放題プランに入っています。 半年間、2,200円が1,200円でパケット使い放題という破格プラン♪ 私の場合、何が一番これで恩恵をうけてるかといえば、車内空間での視聴環境です。 出来そうで出来なかった、車内での映画や、YoutubeなどのMVを気軽に、また高音質で見ることをこれで実現出来ました。 メインの端末はSONYのタブレットZ4、ただしもう国内で新規販売はしておらず、新品は並行輸入品ですが音質、画質ともに満足出来る一台です。ドコモ版の中古なら、テレビも見れます。 タブレットからmicroUSB経由で車載用DAC(デジタル>アナログ変換)といえばオーディオテクニカAT-HRD5で、そこから変換した高音質なアナログ音声を、CDデッキケンウッドのI-K700のAUXへと繋ぎ、プリアンプ、アンプを通して車のスピーカーで音声を出力しています。Youtubeでアーティストの公式PVなど再生すると、車ならではのライブサウンドが楽しめます。 タブレットは1DINを使って固定出来るタブレットホルダーを購入、普段はCDデッキがタブレットで隠れますが普段は音量くらいしか触らないので大丈夫です。 タブレット側でランダム再生にすれば、手元で操作出来るジュークボックス化します。タブレットも10.1インチで画面が大きいので操作しやすいですし。 充電もシガレットでUSB対応の充電器をさしておけば常に音楽聞きながら充電も可能です。 唯一このシステムの弱点は、車を切ると次動くときすぐ再生しないので、タブレット側で設定オン、リモコンなりでスタートさせないといけないところですね。 出来るなら、車の2DINスペースにカチャッとタブレットを装着出来るようなワンオフの加工がしたいです。ipadminiならマウントキットはありますけどね。 そして今CDデッキ経由で音を出してますがもっと音をダイレクトに、簡単にいえばアンプに直つなぎして音を出したいと思っています。 それのノウハウを今色々勉強中です。専門用語になりますが理想はアナログのチャンネルデバイダーとプリアンプを使い、音楽的損失を最小限に抑えながらスピーカーまでつなげるシステムです。 タブレット>AT-HRD5>Audioconrtol Four.1>Audiocontrol EQXまたは24XS>4chアンプ>スピーカー・サブウーファー four.1で音声信号をクリアに増幅させ、EQXで高域中域低域と帯域を分けた信号を作ってアンプへ流し、各スピーカーへ。Four.1はフロントで音量や前後フェーダー、簡単なイコライジングも出来ます。それか、もう少しシンプルにソニーの海外で発売されている1DINデッキ、ハイレゾも対応している「RSX-GS9」から、次世代Bluetooth規格のLDAC経由で音声を伝送し、そこからアンプ、スピーカー出力ですね。LDAC規格はハイレゾレベルの大容量の音楽情報を送れるので、従来の低音が抜けたような転送じゃなくなっているそうです。Z4タブレットは、唯一タブレットでLDACに対応してるんです。最新のSONYスマホには全部対応してますけどね。このシステムをiPadminiと有線で実現してる人は知ってますが、ソニーでまとめているひとはまだ知りません。この接続なら充電も心配ないから理想のシステムだと思うんですけどネットは一人も見当たらないですね。まぁRSX-GS9が高過ぎるし輸入しないといけないのが大きな関門なんですけどね。国内でも多分導入してるの4〜5人くらい?LDACがノイズや断線だらけだったらがっかりですけどね。 ただ個人的にハイレゾ自体にはあまり興味なく、いままであるCDが聞ければ大体OKなので、WAVかFLACで取り込んでCDを劣化最小限で再生できればいいんです。ぶっちゃけ車でハイレゾはちょっと行き過ぎてると思ってますし、そもそもCD音質がしっかり聴けるシステムじゃないと楽しくないですよね。タブレットには128GBのmicroSDカードが入るので、現在2,600前後のWAVや未圧縮なFLACファイルをランダム再生しています。まだまだ曲は入ります。 個人的には単体デジタル式のDSP付きアンプとかにお金かけるなら、ソニーのデッキが欲しいんです。日本だけみたいですよ、外付けデジタル式DSPをあんなにありがたがるのは。それよりも各機器の正しい取り付けと、再生するメインデッキの方が大事です。何度もデモカーでデジタルDSPで操作された音を聴きましたが、音は一見(一聴?)まとまっていますが、なんだか楽しくないんです。その原因はタイムアライメントによる所が大きいと思っています。耳がいい人は違和感を感じますし、位相と基音倍音の仕組みを改悪し、本来の音への感動を削いでしまうと思っています。助手席では聴けたものではないですしね。もしかしたら純正のカーオーディオともう一回聴き比べてみたら、ショックを受ける人や自分の方がいいと言い聞かせる人も少なくないかも。 まぁもともと貧乏性なのもあるんでしょうけど、お金のパフォーマンスを最大限に使いたいんです。価値があればお金は出しますが、真実を知る為にはヘビのようにしつこくしつこく調べますね。家を建てる時もまわりが引くぐらい調べ上げましたし。言われるまま高額なシステムを取付ける前に、今一度考えてみるといいんじゃないかと思います。まずは安いシステムから、DIYでやれることはやって音の違い、成長を段階的に感じられたら、ハイエンドがいかに異常な世界だということがわかるんじゃないでしょうか。 なんか変な方向へ話がいっちゃいましたが、これからカーオーディオを楽しみたい方はクラリオン、ケンウッドのデッキやナビからはじめて、スピーカーは出来ればDIYでクラリオンのコアキシャルを付けてみて、気に入れば同じ物をリアに、そしてサブウーファーを入れたら音の組み立て方がわかってくるので、そこで満足いけばOKだし、さらに先を求めるなら外付けアンプ、という感じが大きな失敗はないですし、早い段階で満足いってお金もかからないかもしれませんよ。

DTIsimで使い放題プラン♪

タブレット車載化計画が動き始めました。1DINデッキにAUX接続でAT-HRD5経由でタブレットをメディアプレーヤー化!さらにDTIsimにより出先でもナビ、ネットし放題のプランを契約運用を開始してみました。やりたい事の80%が実現できました♪