おニャン子クラブ一覧

二人セゾンではまった。欅坂46をおニャン子に例えたら?あくまでも私感ね。

一時期BABYMETALにハマってて、毎日のようにYouTubeでリアクション動画含むライブ映像を見てたんだけど、結局のところ、楽曲の良さとか三人の可愛さが外人に受けているという側面だけで、いわゆる「日本ホルホル」状態で見てたに過ぎなかったという事を今にして思う。MVとかあまり見なかったし、ベビメタファンでは有名だと思うけどチェーンソーリアクトというYoutuberによる分析リアクション(ニコ生翻訳)動画が何よりも好きだった。彼の全曲リアクトも終わり、自分の熱も収まってしまった。おもいきりニワカですね。 それはいいんだけど、Youtubeを見ているうちに、アイドルくくりなのか乃木坂や欅坂がおすすめ動画でよく並列されていたので、ちょいちょいは聞いてはいたけどなるほどね、という位だった。 そんな中であ、この子すごい顔整ってるな〜と目を引いたのが、欅坂46の鈴本美愉さんでわざわざプロフィールまで検索したらどの娘かわからなくて一通り見てやっとえ、この鋭い目つきの子?と驚きました。 でも最初に聴いたサイレントマジョリティーは好みじゃなくスルーだったし、笑わないアイドルとかウィンクかよ!と思ってました。CDデビューからもう1年と4ヶ月も経ってますが、他にどんな曲があるんだろうと今っさらMVを見ていた所で、つい最近ですね、「二人セゾン」をちゃんと見ました。むしろ先に池袋なんたらのセゾンカードの「貴方にセゾン」?を見た位でした。 まぁ見事にハマりました。BABYMETALも幾つかの曲にはハマりましたけど、誰かのリアクションとか関係なく好きになりました。最初はセンターの平手さんと鈴本さんばかりに目が行ってましたが、今思うと鈴本さんでもなかった(笑)MVを毎日見続け、とうとうDVD付きCDもアマゾンで買いました。 実は乃木坂46のアルバムは全部レンタルではありますけど車で聴いています。AKBも有名どこはいくつか入ってます。もともとおニャン子世代でもあり秋元イズムは健在なので聞き流すにしてもなんか安心するんですかね。でも乃木坂もAKBも個人レベルで誰々が好き、とかは無いです。小1の娘がYouTube大好きなのでぐるぐるカーテンとか好きで流したりするうち、生駒ちゃんは可愛いなぁとかは思いましたけどね。 二人セゾンの歌詞は秋元さんとして、どんな人が作曲してんのかと思ったら、偶然乃木坂で好きだった「あらかじめ語られるストーリー」と同じ人じゃないですか。曲の雰囲気がおニャン子の「星座占いで目を閉じて」をなぜか思い出すんです。余計に親近感を覚えましたね。 とにかく二人セゾンはうまく言えませんがコード進行?AメロBメロ、サビ前、サビへの流れがとてもドラマティックというか、切なくてテンポもよく神がかってるとさえ思えてきます。ちょっとここ最近ここまで好きなメロディは無かったです。アイドルとか関係なく素晴らしいと思い、悪い癖でまたみんなどんな感想を持ってるのか検索しちゃったりして。でも実際神曲と言ってる人は多いようですね。 MVを娘といっしょに毎日のように見ては二人で合唱し、娘もハマらせて楽しんでますが、歌い踊ってるメンバーがどうとかまでは気にならないようです。 で、夜中に欅46の冠番組が二つあるみたいなのでYouTubeで見だしたら最後、お父さんだけここ二週間くらい見続け、漢字メンバーは覚えました。ひらがなはまだですが。 ケヤビンゴはあまりまだ見てないですが、けやかけはかなりの本数見ましたのでメンバーのなんとなくのイメージは掴めました。 ここまでメンバーまで気になったグループは、最近だと初期モーニング娘。以来かも。 と、いうわけで本題ですが、おニャン子と比べてどのメンバーのイメージに近いかという記事を書こうと思いました。 きっかけは、おニャン子芸人でもある土田晃之さんがやたらと守谷茜を国生さゆりと言っていた事ですね。今の若い人はわかんないでしょうけど、同世代ファンも多いという事ですかね。 まぁまだ片足つっこんだだけですが、AKBでもそんな比較してた記事見ましたし、やってみようかなと。欅、おニャン子ファンの人怒らないでね。 漢字メンバーのこの子いいなぁと思う順に書いてみましょうかね。この順位はまだこれから変わるとは思いますけども。 守谷茜…落ち着いた話し方や表情、笑顔もかわいいですね。 つっちーも言ってる通り負けず嫌いなとこや責任感強そうなとこはやはり国生さゆりですね。 今泉佑唯…歌番組での切ない表情見てハマりました。歌姫であり笑顔もいい。復帰を遂げられたそうで良かったです。ここは新田恵利ですね。 渡辺梨加…あそこまでの天然ポンコツぶりはすごい、無口なのに回りを巻き込んでキャラを確立させてるのも欅でもトップの美形だからこそ。当時のイメージなら渡辺美奈代かな。 尾関梨香…振り幅が大きくいるだけで楽しいし、メンバー思いなところもいいですね。娘にはあんな子になってほしい。白石麻子でしょうか。 長沢菜々香…頭良かったり楽器出来たり絵描けたり色々ポテンシャルはあるけど全然別の部分で魅力が詰まった子。ポーッとしてる永田ルリ子かな〜。 鈴本美愉…もっと自分を出してもいいような気がしますけど、それでも存在感はある子ですね。ダンスのキレはさすが。いつでもエースを張れる渡辺満里奈あたり。 斎藤冬優花…なんか顔も性格も不思議なというか画面に出たら目が離せない。セゾンMVではすごく可愛かった。昭和なお姉さん的なので内海和子あたりかなぁ。うーん。 長濱ねる…この子も画面に映ると何故か目が離せない。顔のオンオフが激しい印象。このこはどうしてもゆうゆ(岩井由紀子)が浮かぶ。 平手友梨奈…けやかけではあまり存在感ないような…。でもMVでの存在感はすごい。表情が最年少とは思えない。平手ほどのカリスマ性はないけど、ボーイッシュさで福永恵規。 菅井友香…つかみどころが無い印象だけど品があって嫌味の無い性格だし、声に色気があって好きだな。うーん高井麻巳子かな? 佐藤詩織…一番最後に覚えたメンバーだけど、この子も特技が多くのちのち開花しそうなイメージ。デッサンには驚いた。地味にすごいという意味で城之内早苗。 志田愛佳…けやかけ見た限りでは無表情のイメージが強いけど、発言のはしばしでいい子なのも垣間見えギャップ萌えな感じ?ヤンな雰囲気から工藤静香。 織田奈那…みんなに頼られながらもいじられる愛されキャラ。頑張れば息の長いタレントになれそう。樹原亜紀的な立ち位置? ちょっとこのへんから合わせるのが強引になりそうw以下は順位じゃなく同率と思って下さい。 土生瑞穂…遠目と間近では可愛さのイメージが随分違うような。性格は把握出来てないがあえて言うならスタイルからして山本スーザン久美子w 小池美波…見た目は小動物のようなイメージだけど怒ったら怖そう。笑った時の目がかわいい。生稲晃子あたり? 米谷菜々未…どうも性格と見た目のギャップ?がさつなのか神経質なのかわからない。いつも笑顔なのはいいけどね。名越美香あたり? 渡邉理佐…ごめんなさい!悪い子じゃないのはわかってるんですがお父さんと仲良くね。読めない所が河合その子かな…。 上村莉奈…けやかけみる限りではふわふわしたイメージでしかないなぁ。あえて言うなら吉沢秋絵。 小林由依…メンバーランキングでは上位だし、歌上手、ダンスうまい演技も上手と高評価なんだそうだけど、おっちゃん苦手です。ゆるちて。顔の系統は貝瀬典子かな。 原田葵…いじられて怒る表情はなんかツボです。でもやはり皆と比べてもかなり子供にみえてしまう。妹キャラといえば布川智子ですかね。 石森虹花…けやかけでも映像で使われる頻度がかなり少なく感じる。面白いシーンでも真顔が多い気もするが性格はいい子っぽい。横田睦美あたり。 強引な上に最後はふざけちゃいましたが、よくよく考えたらおニャン子の性格やイメージもそんなに覚えてなかったというオチ(爆) 僕と同世代の人はどう思ったでしょうか。つっちーにも他のメンバーも例えてみてほしいところです。 おしまひ☆ 二人セゾン(TYPE-A)(DVD付) posted with カエレバ 欅坂46 SMR 2016-11-30 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 価格.com 真っ白なものは汚したくなる (Type-A)(DVD付) posted with カエレバ 欅坂46 SMR 2017-07-19 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 価格.com

おニャン子クラブが2017年へタイムトリップ:カーオーディオのお話

色々カーオーディオに関して今まで書いてきましたが、ひとつ書けなかった事があります。 どうして十何年ぶりにカーオーディオにハマったのかという理由が… ええ、おっさんです。お題でもおわかりかと思いますが、もろおニャン子全盛期に中学高校時代を過ごした世代です。 今までもレンタルCDで二枚程ベスト盤をMP3とかでこっそりと聴いてましたが、ある曲が無償に聴きたくなりました。ファンの方ならご存知でしょう、「早口言葉でサヨナラを」 それを聴くにはどれに収録されてるんだと検索してると、意外とおニャン子はたっくさんベスト盤が出てるんですよね。 その中に、これは!と思うベストが!「おニャン子クラブ大全集 HQCD上下巻」当時のアルバムを音源からハイクオリティにマスタリングしなおしたという限定品。 2010年にリリースされたものと言う事でさすがにポニーキャニオンから直接は買えず、アマゾンに出品されたものはプレミア価格に。 これに早口言葉もハイクオリティ笑に収録されてるということで、欲しいけど高いな~どうしようかなぁと寝ても覚めてもその事ばかり考えてましたw レンタルも探したけどなし。とうとう使った事なかったヤフオクにまで手を出し、ずっと出品を待ち続け2ヶ月経った頃に15,000で落札。もとが1万だからまぁよしとする。 今のアマゾンのほうがよほどプレミア値段だし、滅多にヤフオクも出ないみたい。 その昔2枚組ミュージックテープ(古)で買ったアルバム「サークル」も収録されてるのも嬉しかった。 早速CDをリッピングしWAVデータに変換。本当はアルバムアートやアーティスト情報が格納出来るFLAC形式がいいのだけどわずかでも劣化したくないので(気持の問題)現在はAndoroidタブレットに入れて楽しんでいます。 というわけで無事「早口言葉でサヨナラを」を聴けました。多分解散間近の頃にTVで聴いたのが最後だったと思う。 ずっとイントロだけが頭を回ってたのよね。こんな歌だったんだ。と初めてわかり満足しました。 レンタルのベストにも入っており以前からよく聴いていたのは、工藤静香、城之内早苗、富川春美の三人で歌った「白いコスモスの頃」という曲で「サークル」に収録されており、数あるおニャン子が歌った曲の中でも一番好きだった曲で、今でも隠れた名曲だと思っています。 それをカーオーディオのレベルアップをするたびに、バランス調整用の曲としても頻繁に聴いています。意外に色んな楽器を使ってたり、微細なギターの掛け合いなど編曲も凝ってるんです。3人のコーラスの聞き分けも面白いですしね。まぁ自己満足ですが。 今回HQCDが手に入ったおかげで曲ファイル自体のクオリティはもちろん、少し手の込んだオーディオのおかげで、当時テープで聴いていた頃を遥かに上回る音で聴けていると思います。製作されたのは実に二十数年前になると思うけど、音が新鮮でまさに現代にタイムトリップして来たかのようで、毎日通勤の行き帰りを楽しんでいます。気をよくしてその後かぶりの少ないB面コレクション1~5も購入。 でも、B面コレクション聴いて、別にHQCDじゃなくても十分楽しめたかも、とは思ったw あの当時(1985年ごろ)っておニャン子も最初もLPだったし、アナログ主流であまり録音素材をいじくる技術が少なかったから下手は下手なりにそのまま入ってて、今みたいに音程いじったりのデジタル処理されてない分音が素直な気がする。AKBとか低品質な再生機でも聞けるように色々いじっててすごい耳につくから車じゃ聴いてられない。乃木坂は何故かまだましだけど、曲によってはイントロが喧しすぎてすぐ切り替えちゃうし。なのでわざわざ現代にデジタルリマスターしなくとも十分きれいに聞こえた、気がする。そもそも変な古臭さみたいな物はそれほど感じない。エレクトロぽい曲はないけど、そこまで音の進化はないものだなと思ったな。 そういえば去年(2016)おニャン子に関する曲すべてを網羅した30周年記念の9万!するコレクションが売られていたのを購入しやすいようにCDに小分けしたものがリリースされてましたね。おニャン子解散後のソロ曲もいくつか聞いてみたいものもあるので、タイミング見てまた買い集めようかとは思っています。 当時民謡をベースに一番歌がうまいと思っていた城之内早苗がおニャン子中では一番好きだったけど、あらためて100超えの曲たちを聞くと結構印象がかわった。 白いコスモスはそれでも選抜メンバーだったと思うから今でも通用する歌じゃないかと思ってるけど、B面コレクションで昔そこまで聴いてなかったソロ曲を改めて聴いてみると、上手下手はいいとして、歌い手として才能がある人が誰なのかがオーディオのシステムを凝るほどにわかってくる気がした。 一番声自体に魅力があるのは、地味でかくれがちだけど内海和子さんだと再確認した。特に高音の伸びはうっとりするほど気持ちいい。管楽器などで感じる倍音?の特性をもともと持っているからだと思う。この間偶然爆報なんとかっていう爆問の番組で内海さんが出ていて、当時おニャン子の歌姫って言われてたそうな。 たしかにプリントの夏や思い出美人はさわやかに情景を思い描け、うっかり目を・・・閉じちゃぁクラッシュしてまう(笑) その次に気持ちいいのは渡辺美奈代さんかな。国生さんもなかなかいいし、河合その子さんもわりと伸びのいい感じ。下手とよく言いわれてた新田さんも全然悪くない。ゆうゆも割と低い声なんだけどいい。全体的に歌の下手さをカバーするためリヴァーブ多めなのは否めないけどw 城之内さんは演歌チックでコミックよりの曲が多く、歌謡曲っぽい曲は極力こぶしを抑えているぶん魅力が半減してて惜しいなという感じかなぁ。城之内さんの現在の曲はは聞いたことないのでわかんないけど、唯一今も歌手をやってるし昔より全然上手なんでしょうね。 なぜか静香さんは後期に入った分うしろ髪引かれ隊ものが多くてソロがない。立つ鳥跡を濁さずって曲はよかったけどね。まぁもともと苦手ではあったりするw あ、うしろ指さされ組の「うしろ指さされ組」も、イントロのドラムはしっかり低音も響かせたらとても躍動感あって鳥肌立つ。まさにタイムトリップですわ。 挙げればきりがないけど、ぜひ当時ハマった男子は車でシステム構築して当時の夕ニャンスタジオを再現してほしいな。クラブもせず帰ってかじりついてたのなら、涙出るよ笑 カーオーディオってアイドルの曲を聴くには、ほどよい環境じゃないでしょうかね。白い目で見られることもなく(笑)、ホームのようなクオリティを求める訳じゃなく、なんなら口ずさみながら聴けますもんね。 僕からのおすすめは、前後にクラリオンのコアキシャルスピーカー「SRT1733」と「SRT1633」どちらかサイズのあうものを前後にポン付け。デッドニングとか余計なことはまずしない。 デッキはなかなか今頃1DINものを付けてる人は少ないけど、出来るならケンウッドのI-K700や77をつけてみて。無理ならナビはケンウッドかクラリオンに。 さらにチューンナップウーファーがあれば最高。サーウィンベガっていうメーカーのVPAS10が国内外でかなり人気です。これだけを揃えて、まずは慣らしで1か月我慢して聴き続けると、どんどん音が成長しいい音になってきます。 タイムアライメントは極力つかわず、気になる周波数はイコライザーで調整し、聴きこんで下さいな。あ、前後バランスは7:3か8:2あたりでキモチイ所を探ってね。 するとある時から楽器と声がが立体的な位置関係を表現しはじめて歌ってる姿がなんとなくつかめてきます。車全体で音を聴いてるような、ライブ感あふれる音。 ここまでやってハマったら、最後に外部アンプのおすすめはロックフォードのプライム4チャンネル R300X4、予算が許すならT400-4かT600-4です。特にT600-4はロングランで一番人気のAB級アンプです。僕も使ってます。アンプをつければ音に温度感がさらに載ってきて声の伸びに実在感を覚えるでしょう。ついでに言うとI-K700に、タブレットからAT-HRD5に経由してAUX接続して聴いています(ハイレゾやWAVファイルを聴くため) ショップでやってもらってもナビ代は別として4スピーカー+ウーファーで10万ほどで叶うんじゃないでしょうか。コアキシャルスピーカーを自分でつければもっと安上がり。 SRTは5000円前後ですしね。ぜひ安い構成でも感動の音は楽しめることを知ってほしいです。車は外の音がうるさくて機材に凝るのは馬鹿げてるとお思いの方も多いでしょうけど、あの密閉空間だからこそ、自宅部屋で感じる音響効果とはまた違ったヴァーチャル体験を楽しめるんです。これを極めると家で聴くのが退屈になりますよ!実際僕も家じゃまったく聴きませんし。ただし専門店の口車に載ってお金をつぎ込み過ぎない様に!僕が紹介してるのはそれとは180度違う楽しみ方です。出来るだけDIYで一つずつ組上げていき、音の変化、成長を楽しみながら、デッキ側の調整も試行錯誤しながら、毎日の通勤があっという間に感じるシステムを作るのです。 まだまだ書き足りないけどこの辺で!最後に内海和子さんの大好きな曲を。