ザ・ファブル一覧

映画版ザ・ファブルを観に行きました。ちょこっとレビュー

一人でザ・ファブル映画版を観に行ってきました。 原作がわりとグロい表現もあったりしますんで、小学生の娘と嫁には向いてないかと思いましてね。 去年ひとりこっそり楽しんでるつもりでいたこの漫画が映画化すると聞いて、何故と思ってたら、漫画賞を取るほど人気だと知らずびっくりしたんですが、肝心なキャストとして佐藤明をV6岡田くんが担当するとあって、最初はちょっとイケメン過ぎるなぁ~なんて思いながら、 自分なりの配役予想などを記事にしていました。 https://2chproof.com/post-1876/ それから沢山予告編や特報、インタビューを見るうちに馴染んでいったのはありますが、やっぱり何人かは違和感を感じざるを得ないですね。 色んな人に見てもらうにはキャラに寄せるのも大事ですが、ある程度名の通った人気俳優さんも欠かせないですからね。 そんなことを思いつつ、いざ映画館におもむき、ホットドッグと飲み物を準備し上映スタートしました。 これから観る方があまりここを読むのかはわかりませんが、極力ネタバレは避けて話します。 キャストについて 佐藤明の岡田くん、そうですねやはり漫画は漫画、岡田くんは岡田くんと分けて考えるべきですね。 岡田くんなりに演じてはいると思いますが、漫画でのあのヌボーっとした何考えてるかわからない目の闇っぽさはないかなと。 このへんはイケメンな岡田くんなので随分印象は変わってしまいます。まぁしかたの無い所です。 ヨウコは思ってた以上に良かったです。もう少し色気ある人がいいかと思ってましたが、うまくそのへんは演出でまかなっていたような。 思ったよりハマってなかったのは佐藤浩市さんのボス役ですね。思った以上にいい人感が出ていて、う~んという感じです。 ひとりひとり言ってたらキリないのですが、最後まで違和感があったのはやはりフードの男(福士蒼汰)と砂川(向井理)でしょうかね。 フードの男はあんな陽キャというかクレイジー感あるタイプじゃなくて、もっとボソボソ喋るイメージですし、顔は終始影がかかってます。 砂川は若くてイケメンすぎ、セリフや凄みも普段やらないせいで無理してるな~という感じが抜けませんでしたね。 海老原役の安田顕さんは最初違和感ありましたけど、思ったより演技でそれをカバーというか、なりきっていたと思いましたね。 良かった点悪かった点 そろそろストーリーについてまず良い点を。 岡田くんがアクションをこなせるという事で抜擢されたのもあり、やはり動きは素晴らしいと思います。 すべてスタントなしの、フランスのアクション演出家とのこだわった戦闘シーンは見どころでしょう。 ずば抜けて体術に長けてるので、他の人との差が激しかったのもありますね。 一番のクライマックスシーンはまぁ映画ですのでそれなりに派手に暴れないと画にならないので、それはそれとしまして、 それ以外のシーンは結構忠実に漫画に沿っていたと思います。 原作ファンにとっては下手に変えすぎず、好感は持てるかもしれません。 そしていまいちだった点。 コミカルなシーンは改めてスクリーンで見ても、寒い空気が流れてるというか、映画館ではオバサンが一人わらってる位でしたね(笑) ちょっとそのへんを特報で流しすぎた気がします。 あとアクションも事前に見ていたカットがもろ見せ場のすべてのようで、通しで見てて驚きがあまりなかったのが、どうなんだろうと思いましたね。 あとメインのアクションの場が暗い工場内というのと、ほぼ一対多数という戦闘は、ちょっと場所が暗くておじさんにはイマイチ目で追えないくらいわちゃわちゃしていましたね。 あと銃に頼りすぎな感じで、最後の戦いももう少し肉弾戦も欲しかったなぁと。 原作はフードの男はまったくの子供扱いでしたから、血を流したり苦戦する感じはファブルとはあまり言えないなぁ~と思いましたね。 あと残虐性を表す序盤のシーン、最後はいらなかったかなぁと思いました。 あとはイマイチといいますか、少年時代のシーンも含め、変にいい人を垣間見せる演出は仮にも今まで70人以上殺してきた男としてどう扱えばいいか難しいなぁと思いましたね。 ザ・ファブル映画版はおすすめか 映画としては安心してみられる俳優陣で、それほどドギツイシーンもないので、まだ見てない人にもおすすめはしやすいと思います。 原作を知らずに岡田くんや福士くん目的な女性には、お二人のまた違った一面やかっこよさは見られるんではないですかね。 終わり方は次を連想させるようなものだったので、好評であれば続編もありうるでしょうかね。 やるなら現在連載中の山岡編でしょうねやっぱり。今回の評価をもとに是非次はさらに楽しめるような内容にしてくださいね!江口カンさん! 原作は間違いなく面白いです。作者のために映画は成功してほしいですね。 本編はもうすぐ冬を超え、約束の一年が来ようとしていますね。順当に考えれば山岡編が終わった頃が期限なのか、はたまた次の刺客が・・? こういった主人公一強なシリーズはパワーインフレーションを起こしてあり得ない強さの敵を出してくるんですが、ファブルはそれはやめて欲しいですね。 やるなら本格的に海外へ赴き世界の強敵と・・・?うーんなんかそれは無い気もするが。 アザミの実力も分からない状態で終わるというのも少しあれだから、もしかしたら最後に戦う事になるのかな。 なにせ大きなクライマックスが待っているのは確かです。 こちらで第一話が試し読み出来ますので、気に入ったらオンライン購読もできますのでどうぞ。 ザ・ファブル Kindle版まとめ読み