カーオーディオ・車関連

AT-HRD1 オーディオテクニカ新製品 USBデジタルトランスポート

投稿日:2017年2月14日 更新日:

2017年に入り、ついにこの手の新製品が出ました。

オーディオテクニカのUSBデジタルトランスポートAT-HRD1 今春発売で公式もまだお知らせのみです。
https://www.audio-technica.co.jp/release/release_detail.php?releaseId=190

簡単に言うと、iphone、ウォークマン、スマホやタブレットから曲をUSBを使ってデジタル出力し、

コアキシャル接続で外付けのDSPなどにデジタルのまま出力するか、高音質なDACにてアナログ変換し、RCAでステレオ出力する機器です。

これの前にAT-HRD5という製品が出ており、いわばそいつの弟分で、機能を絞ってお求め安くした製品ですね。

PCM32~192kHz/32bitまでのハイレゾ曲を転送出来ます。電源、RCA出力のLRとコアキシャル出力、あとはUSB入力とシンプル。LEDのインジケータで、今どんなビットレートの曲が来てるかわかります。あとは、入力する機器によって電圧を2段階切り替え出来るようです。お値段は15,000円!

僕はAT-HRD5を使っているのでこの製品は必要ありませんが、スペックを持て余しているのも事実で、普段ほぼ44.1kHz16bitのCD音源しか聴かないので、AT-HRD1でも十分とも言えます。ちなみにAT-HRD5はPCM 32~384kHz/32bitまで対応しており、他はコアキシャル入力とオプチカル出力、音質調整の切り替えスイッチがあります。こう見るとやはり上位製品らしいですね。

今は古めのCDデッキにAUXでアナログ入力しており、プレーヤーのイヤホンから直接入力することもできるのにあえてこの機器を通していますが、プレイヤーのDACの質に関係なくデジタル出力し、高品質にアナログ変換出来るところが気に入っています。CDデッキはMP3とWMAとCDしか再生出来ないので、WAVやFLACを再生するにはこれしかなくてね。

ただ!スペックを見る限り…やはり充電は出来ませんかね。下手にノイズを載せる可能性がありますし、ノイズ除去の回路でコストは上がるからでしょうかね。

通勤中にバッテリー切れを起こす事はまずないですけど、引き続き自分でOTGの二股などで対処しなきゃなんないですね。

下記リンクはAT-HRD5ですお間違え無く。AT-HRD1が出たら入れ替えます。

-カーオーディオ・車関連
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ETANI ONE  国産メーカーが車載用単体DSPユニットを発表

カーオーディオいじりしてる人にはよく知られてるであろう、イコライザー調整の助けとなるRTA。無料の範囲でもかなり重宝するアプリですよね。 そのアプリをリリースしている会社ETANIが、この度オリジナル …

カーオーディオのUSB接続による再生媒体は何がベストか探ってみました。

とはいっても、SONYの海外版カーオーディオデッキのMEX-XB100BTの例なんですけどね。他もあてはまるかはわかりません。 このデッキを買った理由のひとつに、WAV、FLACファイルをストレートに …

AT-HRD5

オーディオテクニカ AT-HRD5を付けるまでの顛末記

6月に入ってカーオーディオを少しバージョンアップした。 4月にフロントスピーカーを自分で交換してみたのをきっかけに暴走が止まらなくなったw ちなみにスピーカーはクラリオンのSRT1633というコアキシ …

車買い換えによる車幅アップの不安克服方法

Contents1 私はは運転が下手です。2 車と車幅の関係3 車幅の不安を取り除く方法を調べてみた 私はは運転が下手です。 というか運転自体があまり好きではないので、いつも適当な勘にたよって運転して …

アナログサウンドをラズパイ3から。車載ハイレゾシステム構想

部材は手元に届いてこれから手を入れて行く予定。 今回のキモとなるのはやはりラズベリーパイ3。それにオーディオDACボードを載せ、RCA出力からハイレゾ、既存のCD曲をアップサンプリングで出力する予定で …