カーオーディオ・車関連

audiocontrol lc-6.1200が気になる!

投稿日:2017年7月5日 更新日:

どんどんカーオーディオのディープな方向へハマっていっています。
2ヶ月前ほどに発売になったばかりの製品で、まだ日本では正式に入ってません。
売るとしたらイースコーポレーションさんだとは思うけど。

あのラインドライバーやアナログイコライザーで古くからのアナログサウンドファンに親しまれているオーディオコントロール社が、今までは無かったのかな?
満を持してのアンプが発売されています。正確に言えばaudiocontrol lc-6.1200の弟分がすでに発売にはなってましたが、
とても気になる製品です。ドイツのDSPなんちゃらよりも何故か気になります。

このaudiocontrol lc-6.1200は、6チャンネルのアンプでハイレベルインプット付きの、どちらかというと純正オーディオが外せない車に向けた製品なんだろうけど、ちゃんとRCAインプットもついております。それにプリアンプ機能もついているようですね。アンプにプリアンプ付きってよくわかりませんが、入力ゲインがついているのでそういうことなんでしょう。
そしてこの製品の一番惹かれた点は、その気になればパッシブネットワークなしで3Wayか2Way+サブまで組めるという事ですね。ハイパスローパス、バンドパスがかなり自由に調整出来るようです。
まぁ基本的にDクラスのアンプですから、クロスのつまみはアナログですが実際はデジタルで処理されているのかな。でもオーディオコントロールは今までアナログでやってきた会社だからもしかしたら寸前までアナログなのかも。
出たばかりだし、日本でのレビューはまだ見たことないし、本国でのカーオーディオ屋サンのYoutubeでのレビューで一生懸命理解しようとしたけどかなり大変。
でも聴いた感じかなり好印象な感じで話してたから、実際の音がとってもきになる。

実際これを使うとすれば、純正から前後のスピーカー線をつなぐのはもちろん、サブもその線から引っ張り出せるのでウーファーをつなぐだけで簡単そう。

自分の場合は今はラズパイオーディオやタブレットの音声をソースとして使いたいので、コントロールセンターとして同社のTHree.2を採用し、っていうかもう注文しちゃった♪
この機器はひとつのステレオ信号だけでフロント・リアサブまで分岐してくれる上、AUXが2つもついてるので、もうCDデッキいらずなのです。
さらにこれを細かな調整をするならこれまた同社のEQSかEQXをかますようになりますが、まぁケーブルがごちゃごちゃになるのでThree.2だけのほうがいいかも。

もう何を書いているのか暗号みたいになってますが、とりあえず買おうと思えばセカイモンを通して買えるようです。米アマゾンではなかったな。
もうこんなのに食いつく人もいないのかな。人柱になってみたいが。。もう少し識者の情報がほしいところです。

LC-6.1200

-カーオーディオ・車関連
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

カーオーディオ2016 安く楽しむ。

2016年に入って、なんとなく遊びのつもりでDIYで安いスピーカーに交換したのが最後、 以来どっぷりとカーオーディオの魅力?泥沼?にはまっています。 結局一通り揃える結構な散財になってしまいましたが… …

no image

DTI格安SIMとカーオーディオで車内快適空間

MVNOがどんどん価格競争の激化もあって、庶民にはどんどん使い易くなってきました。 現在私もDTI(三菱ドリームトレインインターネット)の老舗プロバイダーが出している格安SIMサービスの提供する使い放 …

ナビ・デッキ 車載ユニットの今後について思う事

最近はカーオーディオに関して寂しいニュースが多いですね。 パイオニアのカーナビ事業の赤字を香港ファンドの完全子会社になり補填、立て直したものの950人が希望退職、またクラリオンも海外メーカーの子会社化 …

AT-HRD5

オーディオテクニカ AT-HRD5を付けるまでの顛末記

6月に入ってカーオーディオを少しバージョンアップした。 4月にフロントスピーカーを自分で交換してみたのをきっかけに暴走が止まらなくなったw ちなみにスピーカーはクラリオンのSRT1633というコアキシ …

DSP-PRO

2016 ファミリーカーオーディオ

ミニバン トヨタノアハイブリッドSiを買って以来、今どんなカーオーディオが主流で、またミニバンなど家族向けのカーオーディオはどんなものが良いのか、この何ヶ月か色んなプロショップのブログや、カーオーディ …