健康

2018年 内科医が実践する冬風邪やインフルエンザ予防法、受験生もおすすめ

投稿日:2018年1月26日 更新日:

ちょっと話題を変えてみました。

子供のクラスはまだ大丈夫ですが、隣のクラスは学級閉鎖になったそうです。

嫁がママ友さんから聞いた話なんですが…

毎年何百人と診てるのに十何年も風邪やインフルにかかってない内科医さんが実践している予防法は?

何ともシンプル。何人か患者さんを見るたびにお茶を飲む、もしくはお茶でうがいをする、と言う事だそうです。

あとは家に帰ったら、とにかく手洗いとうがい、そしてすぐに洗顔もしくはお風呂でついた菌をしっかり落とす、と言う事が大事なんだそうです。

家に帰っての予防法は常識のレベルですが、お茶を飲む、と言うのは割と盲点かもしれません。

僕もお茶を飲むタイミングは基本コーヒーですし、コーヒーでうがいはさすがにしませんし。

お茶には殺菌作用のある「カテキン」が豊富なのは周知の事実ですが、社会人、特に男性は外では意外と飲まなく無いですか?

自分の場合、ミネラルウォーターを常に持ち歩いているんですが、冬の間だけでもお茶にしようかなと思います。

当然お茶くらい自分で沸かして家から持って来るのが普通ですが、男性は面倒だし、コンビニで買えばいいや、なんて思うこともでしょう。

色々お茶もありますが、僕がとりあえず水代わりに買ってるのはこれ

国産茶葉100%はもちろんのこと、茶葉を細かーく粉砕して入れ込んでるので、茶葉の栄養素がとにかく濃密に入ってます。カテキンもたっぷりです。家ではこんな抽出出来ませんから、予防対策にはぴったりだとお思います。(個人の見解ですが)お味も濃いわりには全く抵抗なく飲める爽やかさもありますので、お昼ご飯のお供にもぴったりです。

そして生茶よりも前から実践していることは、とにかく風邪にかからないためには、免疫力を高めること!免疫を高めると言うことは、寝ることと、腸内環境を整えること。

以前からヨーグルトなんかはたまーに食べたりしてましたが、積極的に腸へ善玉菌を取り入れることはしてませんでした。

ふと思い立ち、ヨーグルトをしっかり毎日食べてみようと思いました。

最初はこれまたコンビニで試しに適当なのを買ってみましたが、よく見るとおんなじ値段でドリンクタイプもあるじゃないですか。

これとってもいいですね!こんなに効果があるなんて驚きでした。

あまりこう言うの信用してなかったんですが、一週間くらいで体にあった吹き出物がスッと治り、毎日朝にちゃんとスッと排便できています。

今まで朝すぐに出る事がなく、会社や行きのコンビニなどかなりバラバラだったのがスッキリです。下すことも今んとこナッシングです。

2種類出ていて、こちらはカロリーがきになる方には嬉しい低糖タイプです。ヨーグルト型もありますが、忙しい社会人にはドリンクタイプがいいですね。

まぁ毎日まで飲まなくても十分効き目はあると思いますけど、これのおかげか今のところ風邪インフルにもかかってません。

明治ですから、牛乳のように朝配達もなんてことも出来ますよ。子供さんももちろん飲めますから、もうすぐ2次試験の始まる受験生には普段から飲んで

まさかの試験日トラブルに遭わないためにも、今の時期こっちの方面からの対策もしておくといいでしょうね。

 

と言う訳で2018年前半の冬は、この生茶と明治R-1で乗り切ろうと思います。

※あくまで個人の見解での予防法ですのでご了承ください。

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

うがい 膿栓

あの臭い玉 膿栓取りの二次効果 風邪予防にも効果的

膿栓とは、朝起きた時などに 喉のいがらっぽいものを出すのに ゴホンとやると一緒に出てくる 白い小さな塊です。よく「臭玉」とか言われたりするものです。 これが強烈な臭いを発しているわけで、 食べかすや繁 …

完全無欠コーヒー

完全無欠コーヒーを1ヶ月続けてみたら…

巷で流行ってる完全無欠コーヒーを、元になっている本はまだ買ってないけどネットに載ってるレシピをもとに材料を集めて実践してみた。 それとともに、糖質制限もやってダイエットを1ヶ月ほど続けてみたら… 結論 …

no image

ドライアイ 目のごろつきに効果 胃薬を応用した新目薬

眼科で目の疲れを訴えたところ、 これを試してみないかと処方された目薬が 「ムコスタ®点眼液UD2%」 です。これは話を聞く所によると、胃薬の粘液である「ムチン」 という成分を自分で生成するのを手助けす …