PCオーディオ一覧

2018年 WAVとFLAC SONY好き曲管理とタグ編集 

色んな形式を試してきましたけど、メインのパソコンがWindowsなのでやはりここはWAVとFLACがメインになりますね。 気がつけばソニー製品を使っている自分はタブレットとスマホで曲を聴いたりしてますので、おのずと管理は今まで「Media go」でしたが、新たに管理ソフト「Sony Music center」がリリースされたので慣らしている途中ですが、ジャケット写真も大きいMedia goの方が使いやすいような…。12月でダウンロードが終わるので、今後はもう曲情報とか拾えないのかな。一応ソフトのダウンロードファイルはとっといた方がいいかも。 ※これをアップした直後、まさかのこのタイミングでSONYからアナウンスがw Media Go および Music Center for PC のインストーラにおける DLL 読み込みに関する脆弱性 mediagoは今からはダウンロードしちゃいけないそうですwもうインストールしてるひとは大丈夫ですが、出来るだけ最新のMusic centerをインストールしてください。 もうCDを回転させて聴く事はめったになく、PCの内蔵ドライブはリッピング機器化してますね。そもそもリッピングが上手な?Bru-rayドライブを選んだし。 今は下のUHDドライブ内蔵型に代は移っていますね。これでハード的にエラー訂正(どんな古いCDでも根気よくデジタル復元しようとしてくれる機能)があるので、おニャン子の中古CDとかかなり助かりました。 上のドライブを使って、リッピングソフトのEACを起動し最初の設定ウィザードでこのドライブの型番を指定すれば最適化してくれて、すぐにWAVファイルのリッピング出来るようになります。 そしてFLACファイルもエンコードオプションで使用する外部エンコードソフト(FLAC.exe)を指定し圧縮率を決めれば、次からはFLACファイルもWAVと同時に作成できます。 色々エンコードソフトも試したりしたけど、CDリッピング時にFLAC化が一番楽ですね。既存のWAVファイルをFLAC化するには、FLAC.exeのアプリにドラッグするだけなのも簡単。 ただそうして変換したファイルにはタグ情報が無くなっているので、自分の場合はMp3tagが欠かせません。まぁEACとMP3tagは定番中の定番ですね。 MP3tagはフォルダからアルバム一枚分の曲をドラッグ&ペーストすると曲リストが現われ、タグ付けコマンドを開くと自動で検索するやり方の他に、アルバム名やアーティスト名などを入力して関連データが出た中から選ぶ、もしくはアマゾンを経由してASINコード入力でも見つかったりもするので、とても便利。曲が見つかったあとも曲順を自分で編集したり、ベストアルバムなど3枚組でも3枚分の曲データを一気に入れて一括でタグ付けもできるとても優れた子です。一時期アマゾンとの折り合いが悪く拾えなかった事もありましたが、最新版はしっかり使えてます。 CDからEAC経由でもタグ付けは出来るんですがアルバムジャケットがうまく拾えないので、やはりMP3tagは使います。 そしてMediagoに新曲をスキャン追加後に、ソニー製品へ転送…と。ファイル作りはこの流れが一番しっくりきますね。mediagoやMusic centerでもタグ付け出来ますが、検索方法は自分で選べず結構時間かかったり安定しなかったりでいまいちです。EAC→MP3tag→MediogoがFLAC化は一番いいかな。dbpowerampも試したけど何が悪かったのか、完成後の曲聴いたら半音上がってた(謎)ので速攻使うのを止めました。 オーディオマニアな方たちにはMac製品でないと音は良くないと言われそうですが、ハード的に大きな違いはないしCD品質の曲なら同じはずです。そもそもリッピングドライブに何を使うかでもMacだってばらつきが出ると思うしね。 エラー訂正し、完全な形でデジタルデータを吸い出したWAVファイルは、リアルタイムで再生させるCDピックアップよりも損失なく再生出来るはずなので、やはりもうCDはデジタルデータを販売する媒体でしかない、と自分は思ってますし、カーオーディオでもほとんどCDを使った事ないです。今一番音が安定して良いのは、DAPの内蔵メモリ内にあるWAVデータじゃないかなと思ったりします。SDカード内のデータがその次ですね。 まぁWAVとFLACは同じ曲でもファイルサイズもビットレートも違うので何か気持ち悪いですけど、よく聴いてみても自分の耳では違いは感じないので最小圧出率のFLACで基本管理、どうしてもそのままでという曲だけをWAVで保存しています。気持ちの問題かもしれませんけど、そのWAVをタブレットの内蔵メモリ内に収めて聴くと落ち着きますね(笑) おまけ話 大抵自分は車で曲を聞くのですが、巷で人気のハイレゾは自分の中ではそこまで重要ではありません。昔の音源をリマスターしハイレゾ化とかいうのは基本怪しい(アップコンバートしただけなのも多数)し、そもそもCDがそんなに情報が欠落した媒体だと思ってないという事もあります。もしかしたら通常のCDの内容を全然引き出せてないのに、音が悪い、解像度が低いとか言ってる可能性もありますよ。ハイレゾも何曲かはダウンロードして持っていますけど、車でその違いを分かるには相当な静音化を施し、運転以上に集中しなければならないでしょう。停めて聴くのは本末転倒ですしね。いい音に聴こえるなら7割以上は気のせいです。それだったら既存CDを余すことなくファイル化するほうが、この世に何億以上ある曲を楽しめていいじゃないですか。 おニャン子クラブのレコードをいくつか手に入れたので、SONYのハイレゾで録音出来るプレーヤーでCDと比べてどう違うか実験してみようと思ってます。ヤフオクでレンタルサービスを発見したので買わずに済みます。

ラズパイ3+Tera-berry DAC2+専用ケースAVIOT Case01で組んでみた

ラズパイ3とTera-berry DAC2と専用ケースAVIOT Case01+Tera-berry DAC2専用パネルとDAC側から直で電源ケーブルと。やっと役者が揃い、一通り組む事ができました。★ AVIOT CASE 01 PC ケース Raspberry Pi 2 Model B / Raspberry Pi 3 Model B / ASUS posted with カエレバ MyStore NEO Yahooショッピング Amazon 楽天市場 ラズパイ本体とTera-berry DAC2は9月(現在11月)の時点で購入してましたが、専用ケースとTera-berry DAC2専用の端子部分のプレートがここ最近発売になったので、それを待っていた形です。まぁぶっちゃけDAC2とケース+バッテリーを揃えた時点で、そこそこのDAPは買えてたでしょうね(笑)でもいいんです。 BTOパソコンなど組んだ経験はあったんですがラズパイはまったくの素人なくせに、出たばかりのデバイスをどんどん買っていったのでネット上にもあまり情報を見つけられず、かなり博打な要素がありました。 写真があまり鮮明じゃないですが組んだ感じです。別電源を取ったので、サイドのパネルを外さざる得なかったのは不格好ですね。あとCase01にDACボードを差し込む場合、ケース付属の銅プレートを挟むことでノイズの遮断や放熱ができるそうなんですが、Tera-Berry DAC2はコンデンサの高さがあり銅プレートがあるとGPIOピンが届かなかったです。組んだあとに調べてると、GPIOのピンを嵩上げ出来るパーツがあり、それを挟むことで銅プレートが差込可能のようです。またパーツを取り寄せてやってみようと思います。 参考記事 http://nw-electric.way-nifty.com/blog/2017/10/one-board-audio.html 他の方も書かれていますが、この専用ケースめっちゃ精度高くて所有感を満たしてくれますね。専用パネルも寸分違わず綺麗に刺さります。いずれTinkerBoardも試してみたいですね。 そもそもどうしてラズパイでのオーディオ再生をやろうと思ったのかというと、車でCDデッキの代わりに使えるデバイスを模索しているうち、DAPを最初は考えてたんですがラズパイオーディオは ・安くDSDなどのハイレゾ音源を再生出来るということ。またCDリッピング曲も高品質再生を期待して。 ・構造がシンプルな分、音の劣化を最小限に出来ること。高音質なパーツを贅沢に使えてること。 ・RCAケーブルを通してアンプ側に送れる(DAPのイヤホンジャックよりはいいかなと) ・電源をモバイルバッテリーから供給出来るので、ノイズで汚れにくい。 ・Wifiを使って、スマホやタブレット側から操作が出来る。曲データはラズパイに挿したUSBメモリから。 などのメリットを感じたからです。DSPとかは何もありませんが、とにかく素のままに音源を伝送できるプレーヤーが欲しかったのです。 DAPなどでも大方似たような事はできるのはわかっています。今までそれをタブレットでやってきたので、新たな事がしたかったのと、なによりWifiでタブレット操作が出来るのに魅力を感じました。 とはいえ、Wifiに関わるここがいまいち情報不足で、本当に無線でやり取りできるのかが不安でした。 OSはVolumio2とMoodeaudioと2種類のOSを用意して、LINNの出しているLUMINというアプリで操作しようとしましたがなかなかうまくいかずに、有線LANを外すと断線してしまい、無線は全然反応しませんでした。 色々調べているうち、Wifiを内蔵しているけどあまり飛ばないようで別途USBタイプの子機を使ってる人が多いようだったので、どうせならと思いアンテナ付きのものを購入。車内でグローブBOXなどに収めるならまたアンテナが隠れちゃうので、車用のUSBを使えるようにするスイッチパネル付きの延長ケーブルも一緒に購入し、内部を這わせてアンテナを接続させるように考えてます。 ANEWKODI WIFI 無線LAN 子機 AC600 11ac対応 デュアルバンド 5G/433+2.4G/150Mbps ハイパワーアンテナ型 posted with カエレバ EULE Yahooショッピング Amazon 楽天市場 Winning-Jオーディオパーツ トヨタ車系用 電源ソケット USBポート1 USBスマート充電キット iPhoneやiPod等 posted with カエレバ Hope-frowers Yahooショッピング Amazon 楽天市場 結局LUMINではうまくいかず、他のアプリがないかと探してみると…あほですねVolumioの専用アプリが有ることを今更知り、インストールしてみるとあっさりと無線接続が出来ました。 Tera-berry DAC2のサイトにLUMINが対応したとあったのでてっきりコレが一番なのかと思って・・ちなみに有線ではちゃんと使えました。LUMINはホーム用と考えた方がいいですね。 でも改めて家でUSBアンテナを外して検証してみたら、そのままVolumioアプリが使えました^^; まぁいいですどちらにしろ車内では蓋をしてwifiは届かない可能性もあるので。 ちゃんと自分でアーティスト写真を拾ってきてくれてて素晴らしい! Volumioで何故タブレット側で音量を操作出来ないのかはまだ分かってませんが、それはプリアンプ側で出来るのでまぁいいかと。 たださすがに今まで使ってたBlutoothの操作ボタンは反応しませんでした。これが惜しい。これが利けば音量と再生停止、曲の送りが手元で出来たのにな。 タブレットの純正プレイヤーはそれが出来るのでとっても快適でした。 Satechi サテチ Bluetooth ボタンシリーズ (メディアボタン) posted with カエレバ D-SHOP ONE Yahooショッピング Amazon 楽天市場 あと、Tera-berry DAC2を選んだ理由に電源をラズパイ3と別にすることでさらなる高音質を期待出来るとのことで、最初からモバイルバッテリーで使うつもりだったので効果はあるかわかりませんでしたが、どうせならと思いTera付属の電源ケーブルを使い挑戦してみました。 赤い丸部分に挿すパーツが付属していて、ラズパイ本体用とDAC用それぞれここから電源がとれます。本体側の電源は使いません。 市販のDCソケットというものを購入、メス側だけ使いラズパイ用とTera用へそれぞれつなぎ、USBへとつなげるDC電源変換ケーブルからモバイルバッテリーに接続してみました。ボルト表示には気を使いましたがここまで何の知識もない博打です。ジャックは、はんだ付けをむかーしやった事あるかな程度なので、確実にネジで締めるやつにしました。 10x DC プラグ と ソケットアダプター / 10個セット 電源ケーブルコネクタ 12V 5,5 2,1 mm[kwmobile] posted with カエレバ セブンリーフ Yahooショッピング Amazon 楽天市場 テストはホームでしていましたが、これで車へ持ち込む準備が出来ました。ホームで音を聴いてみましたが、ノイズレスないい音です。何の問題もありません。ただ本番はやはり車です。圧倒的に車で聴いている時間が長いので違いはこっちのほうがわかりやすいはず。 車載として使うためにあと考えていることは本体はグローブBOXに置きソルボセインで制振させ、そこからRCAケーブルを通してプリアンプへと接続する予定です。 そして操作はWifiを通してandoroid版Volumioで、ラズパイに繋いだUSBメモリにあるハイレゾ含むFLACファイル一式をタブレット側でプレイリスト化したり、再生したり出来るわけです。命令だけでタブレット側からデータをストリーミングするわけではないので、音の途切れは発生しないメリットがあります。あと大きな画面で操作出来るのでDAPを一々下を見ながら操作しなくてもいいかなと。 とりあえずラズパイのお話まで。今後は車載での挑戦をいろいろと綴っていきたいと思います。

AT-HRD500に強力なライバル?! iFi audioから nano iDSD BL コンパクトな充電式DAC発売

iFiオーディオから11月3日に発売されるこの製品は、基本的にポータブルDACとしての用途で、ウォークマンやipodと組み合わせてイヤホンで聴くと言うシロモノですが、 カーオーディオマニアの方にも気になる製品じゃ無いでしょうか。ん?ならない? そもそも今自分が一世代前のオーディオテクニカのAT-HRD5を使っており500も気になってたんですが、今後のオーディオのグレードアップの際にはもう取り外そうと思ってました。 次に使うつもりのメインデッキはアメリカAudioControl社の『Three.2』と言う機器で、最大3つまで外部入力が出来、フロント、リア、サブの出力が出来るもので、プリアンプの機能プラスフェーダー、ゲイン調整、アナログEQなどが付いています。 まぁこの機器の説明はいいんですが、そこへもうタブレットから直接3.5mmジャックへ挿して聞こうと思ってました。 ただアナログダイレクトはあまり音質はよくなさそうで、タブレットよりDAPの方が全然いいでしょうね。AT-HRD5はタブレットの質に関わらずUSBを通って高音質なDACからアナログ変換出来てましたので、正直残したいんですが、カーバッテリーを使うし経路も色んなケーブルを通って来てるのでスッキリしないのです。 で、ここに来て今回紹介のiFi audio nano iDSD BLの登場です。これの前身機もあるんですが、二代目の大きな違いはRCA端子の削除、USB入力がOTGのアダプターが直接挿せる事ですね。Appleのカメラアダプターやウォークマンの専用USB出力ケーブルもOKらしいです。 あと嬉しいのはどちらもバッテリー充電式なので、余計なノイズは入らない事ですね。あとはOTGUSBケーブルだけで短縮出来るぶん、高品質なDAC変換も可能と。レグザットにはANdroidoからAT-HRD500へダイレクトに繋げるUSBケーブルもありますが、他にないせいかめちゃ強気な価格でこのiDSD位するしとても手は出ませんでした。今はAT-EUS1000+Audioquestのドラゴンテイルと言うOTGケーブルです。 まぁとはいえ、AT-HRD500を買う人って普通はデジタル出力して外付けDSPへ繋ぐ人が大半だろうから、自分みたいなアナログ変換を考えてる人は少数だとは思うんだけど、タブレットから出る音を極力フレッシュに高音質な状態でデッキへ送るのには割と有効じゃないかな、と思ってます。なんたってAT-HRDより安いし、組み込んでもらう工賃も要らないし。 まぁ自分的にはRCA端子が残ってればベストだったけど、3.5mmと音質を比べられるほど、いい耳じゃないだろうしw 実は本命は他にあり、ラズパイ3をタブレットからラズパイ内部の音楽情報をWifi経由で操作し再生する仕組みを車内で出来るのか検証中なんで、これが思ったようにならなかった時の保険として考えてます。 iFi-Audio nano iDSD Black Label posted with カエレバ eイヤホン Yahoo!店 Yahooショッピング Amazon 楽天市場

ラズパイオーディオとPCを、新発売FX-AUDIO- FX1002J+で鳴らしてみた。

NFJの格安なデジタルアンプ、FX-AUDIO- FX1002J+が発売されたので即注文してみました。 ここのアンプさんはすぐ即売するのでどんなもんかと思っていたので。今回運良く手にすることができました。 それまではFostexのUSBアンプでフルレンジFE-103solを鳴らしていましたけど、デジタル・オーディオプレイヤー(DAP)としての認識も高くなってきたRasberry Pi3+オーディオボードの組み合わせを試したくRCA出力のあるTerraBerry-DAC2を買ったため、ホームで色々検証するのにRCA入力のあるアンプが欲しかったのです。 ちなみにラズパイ3を車載化目的で買ったのでケースは必須でした。Terraberry DAC2が入るケースの発売がやっと始まったので、半年以上ためてためてためてた構想がここで一気に噴き出しましたw Raspberry Pi 3 Model B V1.2 (日本製) 国内正規代理店品 posted with カエレバ マスカルポーネ Yahooショッピング Amazon 楽天市場 AVIOT CASE 01 PC ケース Raspberry Pi 2 Model B / Raspberry Pi 3 Model B / posted with カエレバ HANA&KINAKO Yahooショッピング Amazon 楽天市場 NFJのアンプは何故か電源別売りだったり、アダプターが別に必要だったりするので手間取りましたがなんとか揃いました。 あと同時にこの機会に電源についても少し考えてみようかと、ケーブルといえばプロケーブルさんということで、とりあえずFX1002J+用の電源に、アダプターからコンセントに行くまでのメガネ電源ケーブルを効果あるかわかりませんが、非メッキのものに替えました。★ プロケーブル 非メッキ メガネ電源ケーブル【ケーブル長】1.0m posted with カエレバ アイセント Yahooショッピング Amazon 楽天市場 そして、プロケーブルさんおすすめの壁コンセント、パナソニックのWTF13123WKに替えました。壁のコンセントを交換するのは素人に出来るか不安でしたが、プラスマイナスのドライバーさえあれば意外に簡単に交換出来ました。これで電源からのノイズが多少とも和らぐはず。★ 【Panasonic】コスモシリーズワイド21 埋込接地ダブルコンセント(金属枠)ホワイト+コンセントプレート(3コ用) posted with カエレバ 電材PRO SHOP LUMIERE Yahoo!店 Yahooショッピング Amazon 楽天市場 ★ 格安なデジタルアンプには勿体無い位の待遇を施し、さらにはスピーカーケーブルもWestern ElectricのメッキW24Gのものを使いました。こっちはいずれ車にも試したくて買ったものです。 そしてラズパイ3、PC本体とFX1002J+を繋ぐラインケーブルはモガミ2534です。聴く曲の国によってラインケーブルを交換すればよりフラットになる、とプロケーブルさんは熱弁されてるので 一度自分の耳でわかるのか試してみたくて。モガミ2534のケーブルは邦楽によく合うと言われています。 と、いうわけで一通りセッティングを終え、音を出してみました。 アンプ自体は電源スイッチとボリュームだけのシンプルな作りですが、決して安っぽいこともないです。電源入れた時のバチッという音も無いですし。 ラズパイ3の音も出してみました。わずかなボリュームですぐ大音量になり、すごいパワーです。曲を流した第一印象としては、音は濃いというか押し出し感は強いんですが、どうも高域にジリジリしたものを感じました。 ラズパイのOSは最初Vomumio2で試してみたんですが、のちにMoodeaudioも試してみると少し優しい音になった気が…します。 ジリジリ感じる原因は、TerraBerry-DAC2は電源をラズパイ本体と別に供給可能なので分けると音が良くなるらしい、というのと、スピーカーケーブルをまだそのまま接続してるのでプロケーブルさんのいう「音の焦点合わせ」というもので何かわかるかもしれません。要するにスピーカーケーブルの長さを調整して、音のピント合わせをするという理論です。 まぁこの辺はまだラズパイに全然慣れてないので要検証です。最終的には車内でモバイルバッテリーで動かし、曲の選択はWifi経由でタブレットで操作したいと思っています。 ラズパイを一通り検証した後に、今度はPCに接続しました。 PCにはもともとサウンドカードを挿してましたのでそちらへ。ちなみにサウンドブラスターAudigy FxというPCIカードです。安いカードですがハイレゾ対応です。 特大バーゲンセール★クリエイティブメディア 内蔵PCI Expressバス用サウンドカード Sound Blaster AudigyFx SB-AGY-FX★デジコレヤフー!店 posted with カエレバ デジコレクション-Yahoo!ストア Yahooショッピング Amazon 楽天市場 するとやはりこちらのほうが分かりやすかったです。USBのアンプよりも音がダイナミックというかより声も伴奏も情緒的になったように感じました。アンプ自体のお値段はあまり変わらないんですけどね。Youtubeの欅坂46のMVとかを何度も見ているやつを再生すると、前よりも音の分離感も上がり立体的に、音にも勢いを感じましたね。ちなみにPCではあまりジリジリは感じませんでした。 いずれラズパイの方はカーオーディオの方へ繋いでみようと思っているので、そちらでどう感じる感じるかは要検証です。 というわけで、NFJ製アンプは初めて買いましたが、FX1002J+とってもいい印象です。むしろ期待していたラズパイ3大丈夫か?という感じ(汗) 今見たらNFJ本店は売り切れになってますね。まぁまたドンドン生産されるでしょうから安いですしぜひお試しあれ。 FX-AUDIO- FX-98E 『ブラック』 TDA7498EデジタルアンプIC搭載 160Wハイパワーデジタルアンプ posted with カエレバ NFJストア ヤフーショッピング店 Yahooショッピング Amazon 楽天市場 C★DCプラグ変換アダプタ 5.5mmx2.1mm ⇒ 5.5mm×2.5mm 電源流用 posted with カエレバ NFJストア ヤフーショッピング店 Yahooショッピング Amazon 楽天市場